• ウォータージェット 超高圧洗浄工事を使った各種下地材の撤去・除去
  • スーパーコンクリート研磨工法(コンクリート鏡面研磨)
  • ターミネーターを使った、防水床材の撤去 内装床材の撤去
  • 各種研磨工事 コンクリート切削工事 ショットブラスト工事
  • マルホウの機械レンタル(ターミネーターレンタル)

マルホウのタイル貼り前施工目嵐工法

ウォータージェット タイル剥落防止目嵐工法 タイル下地超高圧洗浄

タイル超高圧洗浄

ウォータージェットを使用したタイルの張前目荒し剥落防止工法。近年マンション、ビル、等のタイル張りの剥落事故が発生しております。

タイルの剥落事故を無くすため、コンクリート打設後、コンクリート表層の脆弱部及びレイタンスを完全に除去する事が重要な課題となっております。弊社では10リットル程度の水量及び50~150Mpaの圧力のウォータージェット機械を用い表層の脆弱部・レイタンスを完全に除去する工法をご推薦いたしております。

タイルの剥落事故原因

①経年劣化による、タイルおよび躯体、ボンド、セメントの劣化による剥落
②地震、地盤の変化等による構造物挙動によっての剥落
③新築施工時のコンクリートのレイタンス除去不良による剥落

ウォータージェットタイル剥落防止工法は、③の新築施工時のコンクリートレイタンスに起因する剥落に有効な施工法です。
(レイタンスとは、コンクリート打設時にコンクリート表面に付着している白いコンクリートカスや表層の脆弱層のことをいいます。)
ウォータージェットでの施工法はこのレイタンス層の除去を行い、コンクリート本来の健全な堅い躯体を露出させる施工法です。
健全な躯体に施工されたタイルは長期的に安定した接着力を維持できます。

このページの一番上へ

タイル剥落を防止する方法

コンクリートの表面は、はく離防止のための清掃および目荒らしなどを確実に実施することとし、その方法は特記による。
(建築工事標準仕様書 JASS19陶磁器質タイル張り工事依る)

工法 工法の概要 清掃効果 目荒し効果
ワイヤーブラシ掛け ブラッシングによるコンクリート表面の汚れ(残留物)や脆弱部の除去
※処理後、水洗いが必要
×
サンダー掛け コンクリート表面を削り落とし、目荒しや目違いの修正を行う
※処理後、水洗いが必要
×
高圧水洗浄 吐出圧50N㎜程度
躯体とノズルの間隔:10cm以内
適正な処理時間:3~5分程度
MCR工法  専用の中空樹脂シートによりコンクリート表面に凸凹を形成する
※モルタルが凸凹に食い込む事で剥離安全性を確保できる
超高圧水洗浄法   吐出圧150N/mm程度
躯体とノズルの間隔10cm以内
適正な処理時間:3~5分程度

このページの一番上へ

マルホウのタイル貼り前施工目嵐工法 タイル下地超高圧洗浄

タイル貼り前施工目嵐工法 タイルウォータージェット工法

公共建築標準仕様に従ったタイル張り施工前のコンクリート目荒し超高圧洗浄(ウォータージェット)工法です。
このタイル貼り前コンクリート目嵐し超高圧洗浄工法(ウォータージェット)はタイルの剥落が多いため現在は標準仕様となっております。

ストロンググリップ工法は3種類の圧力に応じた施工をご提案いたします。
ストロンググリップWJ-50T (50Mpa)
ストロンググリップWJ-100T (100Mpa)
ストロンググリップWJ-150T (150Mpa)

ストロンググリップ工法

このページの一番上へ